12インチMacBook 2016年モデルの整備済製品がついに登場

新しいTouchBar搭載のMacBookProが登場してからというもの、待ちに待った整備済製品がついに登場。

それが2016年モデルの12インチMacBookです。

Mac整備済製品

2015年モデルが気に入って毎日のように持ち歩いて使っている私にも、これはとても気になるニュースです。

https://html-7.com/1256.html

“12インチMacBook 2016年モデルの整備済製品がついに登場” の続きを読む

12インチMac Book用アクセサリ USB-C Digital AV Mutiportアダプタについて考える

12インチのMacBook Early 2015を使い始めてもうすぐ2ヶ月になります。

https://html-7.com/1256.html

この間、ほぼ毎日MacBookで作業を続けていましたので、この端末についてはかなり詳しくなってきたと思いますので、色々語ってみます。

MacBookといえば良く話題に上るのが、外部入力がUSB-Cポートが1つしかない点ですね。

今回の記事では「USB-Cポートを制するものがMacBookを制する」という考えのもと、考察してみようと思います。

“12インチMac Book用アクセサリ USB-C Digital AV Mutiportアダプタについて考える” の続きを読む

Macユーザーだから分かるMacのダメなところをあえて語る。

MacユーザーがMacについて語る場合、その多くはWindowsに比べて優位な点を語る事になると思います。

どうしてもパソコンというカテゴリでは数の上では圧倒されている強力なライバルですので無理はありません。

私自身、Macを使っていて良かった、もうWindowsには戻れない、なんて思う事は少なからずあるのですが、そういう点については数々のMacユーザーに語り尽くされている感が否めません。

反面、Macに大して批判的な事を言う人は総じてWindowsユーザーだったりMacを少し使って見たけど合わなかった、なんて人ばかりです。

そこで今回、かなりMacラブなユーザーである私があえてMacのダメなところについて語ろうと思います。

“Macユーザーだから分かるMacのダメなところをあえて語る。” の続きを読む

MacやPCの買い替えにオススメのフリマアプリご紹介

Apple製品の魅力の一つに、リセールバリューが高いというものがあります。

横文字が苦手な方のために説明すると、中古でも高く売れるということです。

Macが不要になるシチュエーションを想像すると、ほとんどの場合が買い替えですので、その前後にはあたらしいMacなりPCを購入していることになります。

そこで、少しでも高く売るためにはリサイクルショップなどの買取業者よりもオークションやフリマなどで買いたい人に直接売ることになります。

オークションよりフリマアプリ

ひと昔まえだと「ヤフオク」や「モバオク」などが不用品売買の主役でしたが、今はもっと手軽に出品、購入できるフリマアプリがあります。

代表的なものが「メルカリ」です。

フリマアプリと言えばメルカリ
フリマアプリと言えばメルカリ

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング – Mercari, Inc.

スマホ、タブレットに最適化されたUIで直感的に操作出来て取引上でのトラブルの発生しにくいシステムがここまでシェアを伸ばした要因と言えるでしょう。

Macも多数出品
Macも多数出品

iPadアプリだとこんな感じ。フリマアプリでトップシェアを誇るだけあり、出品アイテムの品揃えはさすがです。

出品手数料は売り上げの10%と、とてもわかりやすいシステムです。

これだけ取引しやすい場を提供してくれているのですから、10%の手数料が高いとは決して思いません。

しかし、Macのように10万円以上する商品も珍しくないものを売買する場合はその手数料も万単位になってしまい、その分安く販売することが難しくなったり、取り分が減ってしまいます。

そこで私が実際にMacBook Proを売る時に利用したアプリをご紹介します。

楽天が運営しているサービスの「ラクマ」です。

知名度はまだまだですが使い勝手はばっちり。
知名度はまだまだですが使い勝手はばっちり。

フリマアプリ ラクマ-出品手数料無料の楽天のアプリ – Rakuten, Inc.

iPadアプリの画面を見ていただければわかると思いますが、メルカリとそっくり。

びっくりするほどメルカリに似ています
びっくりするほどメルカリに似ています

見た目だけではなく、細かいUIの使い勝手もそっくり。

メルカリとラクマの両方に出品している方も多く見受けられます。

そういう場合、価格差を設けている方が大半なので買う方はラクマもチェックした方が良いです。

メルカリ、ラクマといったフリマアプリのそれぞれの長所を活用してApple製品のリセールバリューの高さを最大限に発揮し、新製品への買い替えに役立てましょう!

Mac Bookのバッテリー消費が早いのはGoogle Chromeが原因でした。

関連記事:

低価格の整備済製品登場で死角なしのMacBookを徹底レビュー

12インチのMacBookを購入し毎日持ち歩いている私ですが、前に使っていたMacBookProに比べ、バッテリーの消耗が激しい気がしていました。

バッテリーの容量が違うので仕方ないのですが、せっかく軽くてどこでも気軽に開いて使えるMacBookですから電源のないところでもバッテリーの残りを気にせず作業したい所です。

“Mac Bookのバッテリー消費が早いのはGoogle Chromeが原因でした。” の続きを読む

低価格の整備済製品登場で死角なしのMacBookを徹底レビュー

MacBook Early 2015モデルを購入して一ヶ月ほどが経過しました。

https://html-7.com/1186.html

CPUやSSDがアップデートされ性能が向上したEarly 2016ではなく2015を選んだ理由には整備済製品を買うことで4万円以上の金額差があることもありますが、以前使っていたMacBookProが私にとってオーバースペックだったために今度は自分の用途にぴったりなMacを選びたかったので出来るだけスペックの低いものを使ってみたかった、というものがあります。

ハードからOS、アプリまで自社で開発する垂直統合を実現しているAppleですから、低スペックのものでも十分安定して動作するはずだし、それを実際に使用して確かめてみたかったという気持ちもありました。

“低価格の整備済製品登場で死角なしのMacBookを徹底レビュー” の続きを読む

新型MacBookの整備済製品はやっぱり最高だった。

念願の12インチMacBookを手にいれた嬉しさからいろんな所に持ち歩いて使ってます。

というよりは、もともと持ち歩くことが多かったので荷物の軽さが一番うれしいですね。

https://html-7.com/1186.html

買う前にネットで色々な方のレビューを拝見して参考にしたのですが、批判的な記事がとても多かった印象です。

しかし、そういったネガティブな意見の数々の中には見当違いと思えるものもいくつかあって、そのような意見を参考にしてこの素晴らしいマシンとの出会いの機会を奪われた方がいると思うと不憫でなりません。

そこで、今回の記事ではとにかく12インチMacBookの素晴らしさを伝えていきたいと思っていますので宜しくお願い致します。

“新型MacBookの整備済製品はやっぱり最高だった。” の続きを読む