iPadProに保護ガラスやフィルム、ケースは必要ない論

私はAppleWatchやiPadには液晶保護ガラスやフィルム、ケースはつけない派です。

関連記事:Apple Watch Series 2に保護フィルムやケースは必要?いらない?

Apple Watch Series 2に保護フィルムやケースは必要?いらない?

もちろん、先日購入したiPadPro10.5インチにも、純正のSmartCover以外着けていません。

関連記事:旧型の整備済製品買おうと思ってたのに結局新型のiPad Pro 10.5インチ買っちゃった話。

旧型の整備済製品買おうと思ってたのに結局新型のiPad Pro 10.5インチ買っちゃった話。

“iPadProに保護ガラスやフィルム、ケースは必要ない論” の続きを読む

iPad Proはソフトウェアキーボードがおすすめ

iPad mini4を愛用していた時には、快適な文字入力のためにMac用のMagic Keyboardを使用していました。

Magic Keyboardの魅力を徹底解説

Magic Keyboardの魅力を徹底解説

しかし、今回の新型iPad Proはディスプレイが大きくなった事でソフトウェアキーボードがフルサイズになり、使いやすくなりました。

そこでしばらく使って見たところ「これはいい!」と思ったので早速記事にしてみます。

“iPad Proはソフトウェアキーボードがおすすめ” の続きを読む

AirPods レビュー 音質 音漏れなどの気になるポイント解説

関連記事:【逆説的レビュー】AirPodsの真価は「使っていない時」にあった!

【逆説的レビュー】AirPodsの真価は「使っていない時」にあった!

遅ればせながらAirPodsを使い始めて1週間が経ちました。

先日書いた記事ではAirPodsに対する逆説的レビューとして、使っていない時にこそ普通のイヤホンとの違いが分かる、という事を書きました。

今回は普通のレビュー、使った感想です。

“AirPods レビュー 音質 音漏れなどの気になるポイント解説” の続きを読む

バイク用Bluetoothイヤホンマイクの本命はAirPods!

私がAirPodsを購入した大きな理由に、バイクの運転中に音楽を楽しみたい、というものがあります。

実際に購入して試してみたところ、予想通りに最高だったわけですが、AppleWatchを持っていればこそ、という面もあります。

そこでこの記事では、AppleWatchとAirPodsの組み合わせがバイク乗りに最高だという事をお伝えします。

“バイク用Bluetoothイヤホンマイクの本命はAirPods!” の続きを読む

【逆説的レビュー】AirPodsの真価は「使っていない時」にあった!

AirPodsが登場してからしばらく経ちますが、遅ればせながら購入してしばらく使ってみたので自分なりの視点でレビューします。

タイトルにもある通り、逆説的ですがAirPodsの真価は「使っていない時」にあると感じました。

その理由を以下で説明して行きます。

APPLE AirPods MMEF2J/A

“【逆説的レビュー】AirPodsの真価は「使っていない時」にあった!” の続きを読む

Apple Special Event WWDC17で発表されたiPad Pro 10.5インチのことを色々考えてみた。

先日開催されたAppleのスペシャルイベント、WWDC17、私も眠い中、リアルタイムで視聴しました。

今日はバイクを運転しながらこの時発表されたことについて色々考えてみました。

“Apple Special Event WWDC17で発表されたiPad Pro 10.5インチのことを色々考えてみた。” の続きを読む

新型MacBookPro 2016 13.3インチ TouchBar搭載モデル 整備済製品 1ヶ月使用レビュー

関連記事:MacBook Pro 13.3インチ TouchBar搭載モデル 整備済製品 レビュー

MacBook Pro 13.3インチ TouchBar搭載モデル 整備済製品 レビュー

新型のMacBook Pro MacBook Pro 13.3インチ TouchBar搭載モデルの整備済製品を使い始めて1ヶ月弱が経過したので、少し食い気味ですが1ヶ月レビューをしてみます。

“新型MacBookPro 2016 13.3インチ TouchBar搭載モデル 整備済製品 1ヶ月使用レビュー” の続きを読む

Honda PCX乗りが気になる、バッテリー上がり対策はこれで決まり!

Honda PCXのセールスポイントの1つが驚異的な燃費性能ですが、それを支える柱の1つはアイドリングストップです。

しかし、燃費に効果をもたらしてくれる反面、バッテリーに負担を与えるのは確か。

また、PCXではいざという時のキックスターターは付いておらず、押しがけも不可能な車種なので、いざという時に不安が付きまといます。

そこで今回ご紹介するのが『Anker コンパクトジャンプスターター ポータブル充電器 モバイルバッテリー搭載 最大400A 保護機能搭載の安心設計 LEDフラッシュライト内蔵』という商品。

モバイルバッテリーとしてスマホやタブレットの充電にも使える上、ジャンプスターターとしていざという時に車やバイクのエンジン始動に使えるという優れものです。

オススメ度:★★★★☆

とりあえず一家に一台レベルで役に立つ商品のような気もしますが、いざという時以外にはただの大きめなモバイルバッテリーという微妙な感じなので星4つ。

「いざ」に1度でも遭遇したらきっと無条件で星5つをつけることになるでしょう。

“Honda PCX乗りが気になる、バッテリー上がり対策はこれで決まり!” の続きを読む

Honda PCX 125 スペシャルエディション新車購入レビュー バッテリー上がり対策もバッチリ!

通勤用のバイクを50ccのスクーターからHondaのPCXに買い替えました!

何よりまずカッコイイのが大事。

Honda PCX公式ページ

このバイクには125ccと150ccの2種類の排気量があり、私が購入したのは、原付2種と呼ばれる125ccのもの。

はっきり言ってこのバイク、通勤用としてはもちろん、街乗りでは最高だと思います。

“Honda PCX 125 スペシャルエディション新車購入レビュー バッテリー上がり対策もバッチリ!” の続きを読む