成功法則の「成功」ってどういう意味?

前回に引き続き、『非常識な成功法則【新装版】』についての解説をします。

『目標や夢は紙に書けば必ず実現する』なんて信じられますか?

今回の論点は、記事タイトル通り、成功法則の「成功」とは結局の所何を意味しているのか、という事です。

成功とは、社会的成功か、それとも金銭的成功か?

成功と聞いてイメージする事は人それぞれ違うのが当然だと思います。

大金持ちになる事だったり、一流芸能人としてテレビや映画に出る事だったり、総理大臣になる事かも知れません。

でも、そのフワッとした定義のままではとてもじゃないけど法則なんて導き出せません。

本書を読んで、成功の定義が私にも分かりました。

成功とは、『自分で立てた目標を達成する事』です。

つまり成功者とは、自分で立てた目標をたくさん実現させた人という事です。

東大に合格とか、プロ野球選手になるとか言うのも目標ですが、これらは「既製品」の目標。

これらの中には、やりたい事とやりたくない事が混在しています。

そうではない、オーダーメイドの目標を達成するのが大切なのです。

これこそ王道の成功法則

本書を読むと、やりたくない事を削ぎ落とす事で浮かび上がった本当にやりたい事を元にオーダーメイドの目標を立て、それを実現させるための法則を身につける事が出来ます。

『非常識な成功法則』と言うタイトルですが、フワッとした内容の「常識的な成功法則」がありふれているからこその逆説的なタイトルであり、本書こそ
具体的な成功法則に触れた王道的な内容と言えると思います。

自分が本当に何をしたいのか、その目標のために今日何をすればいいのか。

それらを浮き彫りにすることが出来れば、目標の達成、つまり成功は夢でもなんでもありません。

私もきっと今立てている目標の大部分を達成できる事でしょう。

あなたもこの本を手に取り繰り返し読んで、目標の立て方、そして実現のための法則を是非身に付けて下さい。

非常識な成功法則【新装版】