iPadProに保護ガラスやフィルム、ケースは必要ない論

未分類

私はAppleWatchやiPadには液晶保護ガラスやフィルム、ケースはつけない派です。

関連記事:Apple Watch Series 2に保護フィルムやケースは必要?いらない?

Apple Watch Series 2に保護フィルムやケースは必要?いらない?
毎日身につけて愛用しているApple Watch Series 2を、私はフィルムやケースを付けずに使用しています。フィルムに関しては以前iPad用のガラスフィルムを貼ってみたもののふと疑問が湧いて思い切って剥がしたという経験があります...

もちろん、先日購入したiPadPro10.5インチにも、純正のSmartCover以外着けていません。

関連記事:旧型の整備済製品買おうと思ってたのに結局新型のiPad Pro 10.5インチ買っちゃった話。

旧型の整備済製品買おうと思ってたのに結局新型のiPad Pro 10.5インチ買っちゃった話。
AppleのSpecial Event、WWDC17で発表されたiPad Pro10.5インチがついに発売されましたね😊以前の記事に書いた通り、私は新型iPad Pro10.5インチを尻目に9.7インチのiPad Pro...

なぜガラスやフィルム、ケースが必要ないのかについて、勝手に説明していきます。

ディスプレイを美しく保ちたいなら貼るべきではない

まずはガラスやフィルム。

これって、美しいiPadのディスプレイを綺麗に保ちたいから貼るんですよね?

私も以前は何も考えずに新しい製品を買う度に貼っていました。

でも、これらを貼ると、ディスプレイの質が変わってしまいます。

ガラスフィルムを貼れば、せっかく低反射ディスプレイを搭載していても反射率が上がってしまう。

アンチグレアのフィルムを貼るとせっかくのクリアなディスプレイにモヤがかかった様に。

サラサラして摩擦が増すものだとApplePencilの先端の消耗も早まります。

また、フィルムの端が見えたり、少し分厚くなるのも美しくない。

要は見方を変えれば、傷を付けたくない思いで貼ったフィルムでせっかくのディスプレイを使う前から傷物にしている様なものです。

それならまだ使っていてディスプレイに傷がつく方がまし。

そもそも、そう簡単に傷がつかないということを知ったために私は貼らないことにしたのですが。

「高く売りたいから綺麗に保ちたい」という考え方もあると思いますが、それでもオーナーである自分がせっかくの高品質なディスプレイを体験出来ないなんてもったいないです。

ケースを付ければ安心だが分厚くなる

次はケースです。

補足しますと、iPadにとってのケースとは背面、もしくは両面を保護してくれるもので、カバーはディスプレイ面のみを保護するものです。

この様に、高価な純正品を買わなくても、安価でしっかり保護してくれる製品もあります。

私もこのメーカーのiPad mini4用のものを使っていましたが品質はしっかりしていて好印象でした。

ただ、ケースをつければ当然分厚く、重くなります。

MacBookProと一緒に持ち歩く私としては、iPadシリーズはできるだけ薄く、軽い状態を保ちたいのです。

手に持って使うより机や膝に置いて使うシチュエーションが多いiPadProでは、落下のリスクはかなり低いので、背面を保護する必要はないと考えます。

なので、買うなら純正品のSmart Coverがオススメ。

10.5インチiPad Pro用Smart Cover – チャコールグレイ

ノートパソコン代わりに使いたい方でキーボードが欲しい時は純正品のSmart Keyboard。

10.5インチiPad Pro用Smart Keyboard – 日本語(JIS)

日本語JISキーボードが出たのでより実用的になりました。

これらがあれば移動中はディスプレイを保護してくれますし、スタンドやキーボードとしても使えます。

ただ、ディスプレイの10.5インチ化でソフトウェアキーボードが使いやすくなり、iOS11ではさらに大幅に便利になりますので、私はあえてカバーのみにしました。

関連記事:iPad Proはソフトウェアキーボードがおすすめ

メイン機としてPCやMacをお持ちの場合はソフトウェアキーボードで頑張ってみるのもいいかもしれません。

以上の様に、私は保護ガラスもフィルムもケースも一度は使ってみた上で、「いらないな」と判断した次第です。

いずれも取り付けることで保護は出来ますが、ディスプレイの反射や摩擦が上がり、視認性が落ちたりApplePencilのペン先の消耗が早まったり、分厚くなって重くなったりというデメリットがあります。

売る時に少しでも高く売りたいという目的のために自分が使う時の快適さを犠牲にするのは違うよな、という考え方で、私はこれらを使いません。