【逆説的レビュー】AirPodsの真価は「使っていない時」にあった!

AirPodsが登場してからしばらく経ちますが、遅ればせながら購入してしばらく使ってみたので自分なりの視点でレビューします。

タイトルにもある通り、逆説的ですがAirPodsの真価は「使っていない時」にあると感じました。

その理由を以下で説明して行きます。

APPLE AirPods MMEF2J/A

唯一の真のワイヤレスイヤホン、AirPodsはライバル不在の製品

ワイヤレスイヤホンというジャンルの製品は多くありますが、本当の意味でのワイヤレスとなると数が限られます。

私としては、脱落防止のネックストラップがある製品はワイヤレスとは言えないと思います。

また、一般的なイヤホンは耳の穴を塞ぐ形となっていますので、脱落しにくくさせるには少し大きめなものを耳の穴にねじ込むような形になり、長時間使用すると耳の穴が痛くなりがちです。

また、それでも脱落を防ぐことは出来ないので、ワイヤレスにしようと思うと耳に引っ掛けるフックが必要になります。

Appleの純正イヤホンであるEarPodsを使用した事があればわかると思いますが、これは耳の穴に引っ掛けるような形なので耳の穴を圧迫しないのに脱落しにくいようになっています。

EarPodsと同じ耳に負担を与えず脱落しにくい構造のおかげで完全ワイヤレスを実現したAirPodsこそが真のワイヤレスイヤホンと言えます。

そして、この条件を全て満たした製品は他にありません。

イヤホンが最も邪魔な時

普通のイヤホンに対するワイヤレスイヤホンのアドバンテージは、邪魔なケーブルがないことによる煩わしさの解消です。

つまり、イヤホンのケーブルが最も邪魔なシチュエーションこそがワイヤレスイヤホンが力を発揮する時です。

イヤホンを使って音楽を聴いたり動画を視聴している時にちょっと移動する時にケーブルが煩わしいという経験は誰もがあると思います。

トイレに行く時にも一旦外さないといけません。

しかし、最もイヤホンが煩わしい時は、イヤホンから音が何も出ていない時ではないでしょうか。

当然ですがそういう時はイヤホンを外すのが普通なので、あまり意識したことはないと思います。

装着したまま寝れる

AirPodsは何も聴いていない時に着けていてもほとんど気になりません。

耳の穴が痛くならないし、落ちそうにもないし、とても軽いからです。

AirPodsをつけたまま昼寝してしまったこともあるほど、全く邪魔になりません。

むしろわざわざ外すのが面倒くさいと感じるほど。

身につけておけば音声通話がかかってきた時にそのまま出れるし、音楽を聴きたくなったらすぐに聴けるので外す理由がないのです。

だから、何も聴いていない時に外す必要がなくなった事こそがAirPodsを使い始めて最も大きく変わった点と言えます。

耳から外している時も快適

さらに言うと、本当にしばらく使わない時や充電するために耳から外してケースに入れている時もAirPodsは力を発揮してくれます。

イヤホンをカバンから取り出して耳につける時に絡まったケーブルにイライラした経験は誰しもあるでしょう。

右と左を見分けるのも一手間必要です。

AirPodsはケーブルが絡まる事がないのは当然ですが、ケースに入れる事で充電出来る上、紛失のリスクが低くなり、左右を確認する手間も必要なくなります。

右は右、左は左に収まり、充電もすぐに終わる。

ここまで書いてきたように、「使用していない時」に着目すると普通のイヤホンや他のワイヤレスイヤホンとの違いが見えてきます。

迷っている方はまずEarPodsが自分の耳に合っているかを試して問題なければ購入して後悔することはないはずです!