kindle Paperwhiteとマンガモデルの違いを解説

無印Kindle、Kindle Paperwhite、Kindle Paperwhite 32GB マンガモデルと3つのKindle端末を購入した私が、Paperwhiteとマンガモデルの違いについて書きます。

以下の記事にも書いていますが、梱包も全く同じ。

届いた時に「もしかして注文を間違えたか?」と心配したくらいです。

関連記事:Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル レビュー

Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル レビュー

マンガモデルの記載は一切なく、ただ箱にストレージ容量が32GBであることが書かれているシールが貼られています。

パッケージの唯一の違いがこれ。

つまり、箱自体は完全に共用ということ。

日本独自の漫画文化に合わせて作られたニッチなモデルにわざわざ専用の箱なんて作れませんよね。

結論、『Kindle Paperwhite』2つのモデルの違いとは

結論としては、『Paperwhite』と『Paperwhiteマンガモデル』の違いは、Paperwhiteのストレージが4GBなのに対してマンガモデルは32
GBなことと、パッケージにシールが貼られていることの2点でした。

パッケージはどうでも良いとして、マンガモデルなら約700冊のマンガを保存出来るそうなので、容量がいっぱいになるのを気にして定期的に端末内の読まないマンガを削除する作業が減るのが最大のメリットです。

私の場合は特に700冊以上のマンガを買う可能性は低いので、この作業をしなくも済むかもしれません。

Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル