Honda PCX乗りが気になる、バッテリー上がり対策はこれで決まり!

未分類

Honda PCXのセールスポイントの1つが驚異的な燃費性能ですが、それを支える柱の1つはアイドリングストップです。

しかし、燃費に効果をもたらしてくれる反面、バッテリーに負担を与えるのは確か。

また、PCXではいざという時のキックスターターは付いておらず、押しがけも不可能な車種なので、いざという時に不安が付きまといます。

そこで今回ご紹介するのが『Arteck ジャンプスターター』という商品。

モバイルバッテリーとしてスマホやタブレットの充電にも使える上、ジャンプスターターとしていざという時に車やバイクのエンジン始動に使えるという優れものです。

オススメ度:★★★★☆

とりあえず一家に一台レベルで役に立つ商品のような気もしますが、いざという時以外にはただの大きめなモバイルバッテリーという微妙な感じなので星4つ。

「いざ」に1度でも遭遇したらきっと無条件で星5つをつけることになるでしょう。

そもそも、2014年のフルモデルチェンジ以降のPCXでは、電圧が一定以下になった時にアイドリングストップを無効にする機能が付いています。

アイドリングストップが効かなくなったなーと思ったらバッテリーの交換や充電に気をつければ良い訳で、これによりバッテリー上がりのリスクはかなり低減しています。

つまり、いざという時は来ない可能性がとても高い。

ということは、モバイルバッテリーとしての使い勝手は重要です。

そういう意味では容量は8000mAhとまずまずですが、サイズは少し大きめなのがマイナスポイント。

付属品はバイクに収納し、本体はモバイルバッテリーとして使いながらまめに充電していざという時に備える、という使い方が良さそうです。