新型MacBookPro 2016 13.3インチ TouchBar搭載モデル 整備済製品 1ヶ月使用レビュー

スポンサードリンク

関連記事:MacBook Pro 13.3インチ TouchBar搭載モデル 整備済製品 レビュー

MacBook Pro 13.3インチ TouchBar搭載モデル 整備済製品 レビュー

新型のMacBook Pro MacBook Pro 13.3インチ TouchBar搭載モデルの整備済製品を使い始めて1ヶ月弱が経過したので、少し食い気味ですが1ヶ月レビューをしてみます。

スポンサードリンク

12インチMacBookとの比較

私がこのMacの前に使っていたのは2015年モデルの12インチMacBookなので、それとの比較という形で進行して行きます。

関連記事:12インチの新しいMacBook 整備済製品を買いました。

12インチの新しいMacBook 整備済製品を買いました。

まず、買い替えにあたって、冷却ファンの音、本体の大きさ、重さという懸念と、本体の性能アップと新しくなったキーボードとTouchBarへの期待がありました。

これらについてひとつずつ解説して行きます。

スポンサードリンク

ファンの音は静か。作動する機会も少ない。

まずは冷却ファンの音。12インチMacBookはファンレスによる静音性が魅力でした。そのぶん、膝上で使用するときの熱さと加熱時の動作の低下という問題もありました。

結果としては、私の使い方ではファンが回ることがまずないです。

3Dグラフィックを使ったゲームを試しにやってみたら早速回り始めましたが、その音自体も以前のProよりも静かになっています。

そして、Macでゲームをすることは普段ないし多分これからもなさそうなので、問題なしです。

充分薄くて軽い

12インチMacBookのさらに前には、旧型の15インチのMacBookProを使っていたので、Proというとどうしても厚くて重いイメージを持っていました。

もちろん、データ上でこれまでのProよりも薄く軽くなっているのは知っていましたが、12インチMacBookを使った後なので、少し心配していました。

結果、1ヶ月持ち歩いてみて全く問題なかったです。

大きさも厚さも重さもそんなに変わらないので持ち歩きも楽、取り出しもスムーズ、少し大画面になったおかげで視認性もアップしています。

高性能で動画書き出しもサクサク、快適!

友人の結婚式で流す動画を作成したりしましたが、Proならではの高性能なCPUとGPUのおかげで編集サクサク、書き出し速度もスピーディで作業はノンストレスでした。

より気持ちよくなったキーボード、そしてTouchBar

12インチMacBookから採用されたバタフライ機構のキーボードは進化して打鍵感がより心地よくなりました。

前のペチペチ感も好きだったのですが、あまりに浅すぎて押したかどうかわからないことがありました。

今度のはきちんとフィードバックを感じられるようになっているので、タッチタイピングがより快適になりました。

そして今回の新型MacBook Proの目玉といえばやっぱりTouchBar。

これはアプリごとに出来ることが違うのですが、タッチパッドでカーソルを動かしてクリックする行動をTouchBarに置き換えると速くなります。

使い慣れるとTouchBarのないMacやWindows機への乗り換えはちょっと難しくなるかもしれませんね。

スポンサードリンク