結論! iPadはMacBookの代わりになるか?共存出来るのか?

約4ヶ月間、MacBookを手放してiPad miniがその代わりになるか、という検証をしてきた。

関連記事:本当にiPadはパソコンの代わりになるのか?

本当にiPadはパソコンの代わりになるのか?

先日MacBook Proを新たに購入したことで、この検証に終止符を打つ形となった。

そこで、この区切りに、この期間中に感じたことをまとめて見た。

新しいパソコンを買うか、それともiPadだけで本当に済むのか、という疑問にお答え出来るかもしれない。

iPad Proはパソコンの代わりになるか?

パソコンと言っても、大きくWindowsとMacの2つに別れる。

そして、Appleが言うPCとは、主にWindowsを指す。

MacはあくまでMacである。

また、iPad ProがあればMacはいらない、なんて事を言うはずがない。

つまりAppleは、「ある一部のユーザーにとってはiPad ProはWindows PCの代わりになる」と言いたいのである。

その「一部のユーザー」とは、きっとバリバリのエンジニアではなく、PCを使ってネットサーフィンしたり、WordやExeleで仕事や学習で必要な文書を作成したり、と言うユーザーだと仮定する。

つまり、比較的ITリテラシーが低い層である。

私の周りを見渡すと、こう言った層の人たちは、未だにデータのやり取りをUSBメモリやSDカードを利用することが多く、必然的にそのための端子やリーダーが必要になる。

だが、iPadにはそれがない。

私はWindowsのPCも持っているので問題なかったが、少なくともiPadがあればWindows PCが要らないと言うにはかなり無理があると思う。

iPadとPCは共存出来るか?

上記のような事情から、iPadとWindows PCの共存は出来る。

ただし、USBなどの端子を装備したものでないと意味がない。

まだストレージにHDDを採用しているものが多いWindows機は主にデスクで使い、持ち運んだり楽な体勢で使うのにiPadという使い分けも出来る。

動画コンテンツを楽しむにもディスプレイが美しいiPadの方が適している。

何より、iPhoneを使っている方なら同じ端末のような感覚で連携させて使うことが出来るので、タブレット購入を検討しているならiPad一択でいいだろう。

iPadとMacは共存出来るか?

Macとなると話は別である。

そもそも今のMacBookはキーボード付きのiPadの様相を呈しつつある。

端子はUSB-Cとイヤホンジャックに絞られ、全モデルがRetinaディスプレイにフラッシュストレージ。

電源は10時間以上持続するモデルばかりで、持ち歩くのにも不安はない。

もちろんiPhoneとの連携も最高で何も意識しなくても各種データが同期する。

少なくとも私は今回MacBook Proを購入する前と後ではiPadの使用頻度が全く変わってしまった。

両方持ち歩くのは重たいのでMacBook Proだけになった。

電子書籍を読むのには使えるが、Kindleも持っているので出番は少ない。

家でiPhoneの代わりに使う、という感覚である。

私なりの結論

さて結論だが、評価としてはある意味最悪なものかもしれない。

iPadはPCの代わりにもMacの代わりにもならないし、MacがあればiPadの出番は格段に減る。

従って、Macとの共存は難しいが、PCとの共存は状況によっては出来る。

iPad miniだけを持ち歩いたこの4ヶ月間はかなりヘビーにiPadを使った。

ブログ更新、動画や画像の編集、動画視聴、そして家では充電中のiPhoneの代わりとして。

Magic Keyboardがあるので文字入力はスムーズに出来たが、やはり細かい操作性やスピード感はMacに遠く及ばず、作業効率は確実に落ちた。

また、私はiPhone SEユーザーなのでiPadの大画面の恩恵は大きいが、これがiPhone 6以降で登場した5.5インチのPlusモデルだとまた違うだろう。

この結果を受けて私自身、次はiPadとiPhoneの2台持ちからiPhone Plus1台に切り替える可能性が高い。

iPad Proでしか使えないApple Pencilにそれほど必要性を感じないのであれば、iPadシリーズは教育や仕事現場でのある用途に特化した使われ方をする場面以外では出番の少ない端末と言えるのかもしれない。