【要約】読書の第二レベル、点検読み 本を読む本 まとめ

今回は、『本を読む本 (講談社学術文庫)』を要約する。

本書は初版が1940年にアメリカで発行された、読書術の古典的名作。

今回取り上げるのは、この本で紹介されている読書法の4つのレベルのうちの第2レベルにして私が最も重要だと思う「点検読書」である。

本書にも、『ほとんどのはこの読書の値打ちに気づいておらず、すぐれた読書家でさえもこの事を認識していない』と書かれているように、重要なのに軽んじられているからこそ、より真剣に学ぶべきだ。

『当たり前』『普通』が実は難しい。

まず、読書の第一レベル「初級読書」についても軽く触れておこう。

これはいわゆる、普通の読書である。

何を持って普通というのかは難しいところだが、自分が興味を持った本の内容を理解し、それに基づいて次の本を読み、内容を比較したり考察出来る状態である。

一般的に、読書とはこの事を指すと言える。

ここから先のレベルは、実は多くの人がより効率的にたくさんの本を読んだり、より一冊の本の内容を深掘りしたり、複数の本を使って調べ物をする時に自然にやっている事を、体系化したものである。

だから人によっては「そんなことは知っている」「なんだ、そんなことか」と思うかもしれないが、なんとなく出来ているのと体系化して身につけ、それをさらに磨くのとでは読書経験を重ねる毎に大きな違いとなるだろう。

私は、これからしばらくの読書人生の傍にこの本を置いて、時々読み直しながら自分の読書への姿勢も見直していこうと思う。

点検読書の二つのタイプ

筆者によると、点検読書には、二つのタイプがあり、この二つは元々は一つの技術の両面であり、慣れると同時に行うことが出来るようになるというが、まずは別々の技術として取り上げられている。

点検読書1:組織的な拾い読み、または下読み

あまり現実的なシチュエーションではないが、ある本が目の前にあり、その本に対する事前情報が全くないとする。

その状況では、そもそもその本を読むべき価値があるかどうかすらわからない。

そこでまずは下読みをするのである。

効率よく下読みをするためのポイントがいくつかある。

表題や序文を読む

タイトルやサブタイトルは当然真っ先に目に入るが、これらを注意深くみることはなかなか出来ていないはず。

さらに、読者を掴むために著者がかなり力を入れて書いているであろう序文と合わせて読むことで、その本を頭の中の本棚のどのジャンルに分類するかを決めるのである。

目次

私自身、目次といえばその本のどこかに読みたい部分がある時に見るくらいだったが、その本全体の構成を把握するのにこれほど良いものはない。

本書にも、「ドライブに出る前に道路地図を調べるようなつもりで目次を見ると良い」と書かれている。

索引・参考文献

私が読む本には索引がないものが多いが、参考文献、引用文献は同様のテーマを深掘りして学ぶためには参考になることが多い。

こうして芋づる式に読みたい本が増えていくのである。

キャッチコピー

本の帯についている推薦文やキャッチコピーもその本を判断するのに重要な要素の一つである。

著者が伝えたい内容がわかりやすく要約されていたり、著者がどんな著名人が交流があるのか、などの情報が得られる。

議論の要となるいくつかの章を読んでみる。

流れとしては、序文や目次を読んだ後になるが、大体どのあたりがその本の重要な部分かがわかった頃にそのあたりを読んでみる。

あとがきや、重要な点を要約したページを読むと良い。

ところどころ拾い読み

パラグラフを一つ二つ、拾い読みする。どこかに重要なことが書いてないか、集中して読む。

以上が『点検読書1』である。

このような方法が読書に分類されるとは思わない方も多いだろうが、こうやって数分から1時間くらいの時間で本全体の構成を把握し、さらに読むべきかどうかを判断することは限られた時間で読書するには大切なことだ。

点検読書2・表面読み

次は表面読みである。

読んで字のごとく、表面をなぞるように、一定の速度でスーッっと読む。

本によっては、特に得るものが多い本では調べながら読んだり分からないところを何度も読んだりしがちであるが、そういった欲求は無視して、ひたすら目を動かし、ページを読み進める。

これはいわゆる、「速読法」の読み方である。

指で文章をなぞったりしながら一定の速度で読み進める。

今回紹介した点検読書の技術は、限られた時間でその本の全体図を掴むため、どちらも集中力が必要である。

まずはこの技術を使って本の全体図を把握してから本を読むだけでも随分内容の理解も進むはずだ。

本を読む本 (講談社学術文庫)