MacBook Pro 13.3インチ TouchBar搭載モデル 整備済製品 レビュー

スポンサードリンク

私の住む山口県にはApple Storeはなく、一番近くても福岡市。

そのためだけに行くには大変な距離です。

なので、必然的にApple製品はApple Online Storeで買うことが多いです。

注文してから届いて、綺麗なパッケージを開けるまでのドキドキは何回経験してもたまりません。

今回のMacBook Proは、しばらくMac断ちした後と言うこともあり、届いた時の喜びは特に大きかったです。

そのため、数日間使ってみて少し気持ちが落ち着いた今、レビュー記事を書くことにします。

スポンサードリンク

13インチは中途半端?それとも程よい?

これまで私が使って来たMacBookは、MacBook Pro 15インチ 2013年モデル、MacBook 12インチ 2015年モデルの2つです。

今回購入した製品は、ディスプレイサイズ的にはちょうどこのふたつの中間。

15インチのProは高性能でしたが大きく、頻繁に持ち運ぶ私には重すぎました。

12インチのMacBookのサイズ感、薄さ、軽さは最高でしたが、USB-Cポートが1つしかないため、充電しながら周辺機器を使用するにはアダプタが必要なのが少しだけストレスでした。

また、Proからの乗り換えだったので使用していて若干の非力さを感じました。

そういう意味では、15インチProほど重くなく、最新モデルなのでさらに軽くなっており、十分高性能でUSB-Cが4つも付いているこの13.3インチProは最高な様にも思えますが、別の観点から見れば中途半端という事でもあります。

あの12インチの驚異的な薄さ、軽さは、性能面、機能面での割り切りと引き換えに実現したものだからです。

ただ、しばらく使ってみた限りでは、持ち歩くといってもリュックに入れているので300gほどの違いは体感的にはそれほど大きくなく、むしろディスプレイの大きさや、より気持ちよく打てるようになったキーボード、増えたUSB-Cポートのおかげで充電しながら使えるといったメリットばかりが目立つ結果になっています。

MacBookのファンレスで静かなところも気に入ってましたが、このProも静か。動画編集やゲームなどの高負荷な処理でファンが回っても、以前使っていたProよりは格段に静かになっています。

そもそも、Proの名を冠したこのモデル。

スタバでネットサーフィンするくらいなら無印MacBookでもいいのでしょうが、仕事で使うならやっぱりこれ。

私もプロかアマかと言われたら、何のかはわからないけどどちらかといえばプロ?って感じなので、こっちの方が適しているのでしょう。

注目のTouchBar!その真価は?

これまでのMacBookのキーボードの上部に、当たり前のような顔をして存在していたファンクションキーの代わりに搭載されたのが、指紋認証のTouchIDを備えたTouchBarです。

ファンクションキーも基本的には音量や輝度の調整に使うのがメインだったので、その機能を場面によって変えてくれるこの新機能は歓迎です。

何より未来感があって、これまでのMacBook Proから分かりやすく変わってくれているのが良いですね。

私はAppleWatchユーザーなので、Macのロック解除は自動ですが、お風呂上がりや寝起きなど、AppleWatchを外した状態でMacを起動することも多々あるので、そう言った場面でも指一本でロック解除できるTouchIDは便利です。

スポンサードリンク

スピーカーの音質はノートパソコン離れしていて、ライブ動画を観るのにも最高ですが、今はAirPodsみたいな便利なアクセサリもあるので活躍の場が限られてしまうのは残念。

早速お気に入りの動画を視聴してみましたが最高でした。

関連記事:涙なしには観れない清木場俊介ことEXILE SHUNとATSUSHI10年ぶりの共演!

涙なしには観れない清木場俊介ことEXILE SHUNとATSUSHI10年ぶりの共演!

まだまだ使い始めたばかりなのでTouchBarの真価は未知数ですが、これからもアプリ毎に割り振られた操作を積極的に使ってみようと思います。

とりあえず見た目は最高。ともすればシンプルすぎて、まあ、それがMacBookの良さなんですが、そこにTouchBarがさりげなくアクセントになっています。

トータルでは大満足。不満はない。

実際に使ってみるまでは中途半端なイメージで不安がいっぱいでしたが、杞憂でした。

全てのクオリティが高く、使っていてニヤニヤしてしまうほど幸せな気分です。

『Mac Fan』で大きくなったトラックパッドで誤作動しやすいと言う記事を目にしましたが、私の場合は気になりませんでした。

個人差もあるのでしょうが、少なくとも、使い慣れれば問題ないのではないでしょうか。

私にとっての最高萌えポイントは、「Proなのに、Airと同程度のサイズ、重量(再厚部はこちらの方が薄い)で、しかもRetinaディスプレイ。」「キーボード打ちやすいしTouchBarマジでかっこいい!」の2点です。

Mac Fan 2017年6月号 [雑誌]

スポンサードリンク