2万円以下で買った古いレッツノートのHDDをSSDに換装して思ったこと。

以前、2万円以下で購入した中古のレッツノート。

関連記事:6年落ちの中古レッツノートをメルカリで購入した感想

6年落ちの中古レッツノートをメルカリで購入した感想

値段の割に十分役立つ、良い買い物だったのだが、この前に使っていたのがMacBookだったため、HDDの遅さだけはどうにも耐える事が出来ませんでした。

そこで今回、このレッツノートを買った時から計画していたSSDへの換装を実行に移しました。

以下のような記事がググったらたくさん出てくるので技術的なハードルはないに等しいです。

Let’ Note CF-S10をSSDに換装するためにHDDからデータをコピーしてクローンを作成

Samsung製のSSDを購入!

まず、絶対に必要なのが換装するSSD。

これはAmazonで『Samsung SSD 250GB 850 EVO ベーシックキット V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 MZ-75E250B/IT 』を購入しました。

バッテリーが搭載されていない商品なら爆発しないのでSamsungでも安心。

1万円で圧倒的快適さが得られるのなら安いものですが、もし、大して変わらなかったら・・・という不安がよぎります。

MacBookでSSDの快適さを体感している私でもこんな不安を抱くのですから、まだHDDのパソコンしか使ったことがない方ならなおさらでしょう。

SSDに換装した感想

「大して変わらなかったら」という不安は、最初に起動した瞬間に杞憂だったと分かりました。

起動するスピードが違いすぎたからです。

そして、改めて「HDDのパソコンなんて使ってらんねー」と思いました。

HDDの頃は起動スピードが遅いのはもちろん、デスクトップが表示されてからもしばらく操作を受け付けない時間があったりして、無駄な時間を過ごす事が多かったのですが、SSDに変えるとそういったことがなくなり、実に快適。

なにより、HDDのパソコンを使っている方や、未来の自分に対して声を大にして言いたいのは、「HDDのパソコンなんて、過去の遺物であり、今から使うべきではない!」という事。

Macはすでに全てのモデルがSSDになっていますが、WindowsではHDDもチラホラ。

家電量販店に置いてあるような国内メーカーのPCではまだほとんどがHDDというありさま。

HDDが多数派だからと言って買ってはいけない!

それが私がこの記事で一番言いたかった事です。

どんなに良さそうに見えるパソコンでも今更ハードディスクを搭載している時点で購入対象からは除外するべきだと断言します。

今回換装したことで、ストレージ以外は全て同条件下での比較が出来たのは良い経験でした。