この本に書かれた虚構を用いて虚構から頭を抜け出そう。 サピエンス全史 上巻 感想

サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福』を読み終えたので一旦レビューする。

サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福

オススメ度:★★★★★

オススメなんて言葉では済まされない。

ホモ・サピエンスなら絶対読むべき本。

中身のボリュームも濃さも半端じゃない。

上巻だけ読む人なんていませんよね?

この『サピエンス全史』は上下巻に分かれていますが、内容は完全に続いています。

上下巻の区切りも第3部の途中と、実に中途半端。

なので、必ず両方買って読みましょう。

最初からKindleの『上下合本版』を買うのも手です。

認知革命、農業革命、そして人類の統一

この上巻では、認知革命と農業革命という、ホモ・サピエンスの社会に起こった2つの革命と、貨幣、帝国、宗教という3つの概念がもたらした世界統一について書かれています。

我々ホモ・サピエンスが、数ある人類種の中から唯一生き残り食物連鎖の頂点に駆け上がった最大の理由、『虚構』にスポットライトを当てた本書。

まさにその虚構に頭のてっぺんまで沈みきった現代を生きる我々には目から鱗が落ちる描写が数えきれないほどあります。

本書を読む事で、虚構から頭と手を出すことが出来、何が虚構で何が違うのか、虚構がもたらす力を上手く操る事が出来る様になるはず。

さながら、映画『マトリックス』の主人公たちの様に。

禁煙にも似ているこの感覚

私は以前、といっても10年以上前にこの様な『マトリックス』の感覚を味わった事があります。

それが禁煙した時です。

参考記事:私は『禁煙セラピー』でタバコをやめました。

私は『禁煙セラピー』でタバコをやめました。

便宜上『禁煙』と言っていますが、タバコを本当に止めるには、禁煙を始めるのではなく、タバコを吸うのを終えるという発想の転換が重要です。

タバコを止める最大の敵は、「タバコは必要なもの」もしくは「必要な場面がある」という、喫煙者が共有する「虚構」です。

そして、虚構からただ単に抜け出すのは非常に難しいため、この『禁煙セラピー』という本に書かれた、別の虚構を用いました。

映画『マトリックス』でも薬を飲みましたよね、あれの役割です。

この経験から、虚構が人間が個人以上の力を出すためには必要なものである事を知りました。

タバコをやめてからしばらく、1年近くは仮想現実から抜け出せたという余韻に浸っていました。

喫煙者の共有する虚構に浸かったまま禁煙を始めてしまった人にとっては地獄のような1年だったに違いありません。

虚構から抜け出すために、サピエンス全史に書かれた虚構を利用する。

今の禁煙の話に書いたように、お金をはじめとする現代の虚構から頭を抜け出して上手く操れるようになるには、別の虚構を用意するのが手取り早いのです。

そこで活躍するのが本書。

サピエンス全史に描かれた世界の歴史は、紛れもなく虚構です。

現実にホモ・サピエンスの歴史をこの目にする事は出来ませんから。

このサピエンス全史という新しい虚構の力を使って、他の虚構から抜け出る手助けをするのです。

だから、この本を勧める私は、映画『マトリックス』でネオに選択を迫るモーフィアスの気分です。

このブログでは上巻各章の読書ノートを付けているので良かったら併せてどうぞ。

サピエンス全史 読書ノート 第1章

ホモ・サピエンス飛躍の秘密は虚構にあった。 サピエンス全史読書ノート 第2章

サピエンス全史 読書ノート 第3章

サピエンスが招いた最初の大量絶滅 サピエンス全史 読書ノート 第4章

罪深くも悲しい農耕民 サピエンス全史 読書ノート 第5章

農業革命は悪魔の取引? サピエンス全史 第6章 読書ノート

言語の進化 サピエンス全史 第7章 読書ノート

差別と虚構の関係 サピエンス全史 第8章 読書ノート

世界統一を実現した3つの要因 サピエンス全史 第9章 読書ノート

貨幣は人類史上最も偉大な発明 サピエンス全史 第10章 読書ノート

現代の帝国とは? サピエンス全史 第11章 読書ノート