Nintendo Switchのボンバーマン遅延問題やバーチャルコンソール配信時期について。

ついに発売された『Nintendo Switch』。

WiiUが失敗だったと認めるような形で登場した、WiiUの進化版とも言えるデザインのこの新ハード。

任天堂がかなりの力を入れてきているのをプロモーションからもヒシヒシと感じるし、魅力も十分に伝わってくる。

今回はこのNintendo Switchについて任天堂ファンの目線で色々と考えてみた。

欲しいけどとりあえずは見送り。

Nintendo 3DSは発売日に買った私だが、今回は見送り。

だからと言ってSwitch自体に魅力を感じていないわけではない。

なによりファミコン時代からのゲームファンとして、このハードが持つ意味はかなり大きいと感じている。

eSports発展の鍵を握るハード

特に、eSportsの普及と発展のためにはかなり重要な役割を担うだろう。

そういう意味ではSwitch本体の機能や性能というよりも、発売後のサービス展開が重要となる。

1台で多人数プレイ出来たり、動画や画像を配信する機能が搭載されている所から、SNSや口コミでの拡散への対応が見て取れるので、後は不具合や要望に対する細やかかつスピーディーな対応が出来るかどうかにかかっている。

ゲームがただの遊びだったのはひと昔前の話で、今はYouTuberがプレイ実況動画で収入を得たり、プロゲーマーが居たりで、そう言ったプレイヤーからすればビジネスの道具なので、子供向け商品のイメージが強い任天堂製品ではあるが、このNintendo Switchに関しては大人にも訴求するものにスイッチして欲しいと願う。

購入を決める時に気になるポイント

そこで気になるのが、無線コントローラゆえの遅延である。

eSportsとしてネット対戦に対応するタイトルであればネットの遅延もあるので、操作が遅れるのはかなりの大問題になる。

とりあえずボンバーマンは遅延するらしい・・・

対戦!ボンバーマン – KONAMI

ボンバーマン遊ぶならiOSアプリもオススメ。

これなら基本プレイ無料だし、iPadなら大画面で遊べる。

この辺はソフトによっても異なる可能性もあるし、本体のアップデートで改善される事もあるだろうから、すでに購入したユーザーの意見を参考にしたい所。

後はバーチャルコンソール。

任天堂の強みといえばやはりなんと言ってもファミコン時代からの歴史に残る名作の数々。

これはアカウント連携して3DSやWiiUで買ったソフトをそのままSwitchでもプレイ出来るようになると嬉しい。

月額課金サービスになるという噂もあるが、それもいいと思う。

なんにせよ、私が購入するのはこれらの様子がはっきりしてからになりそう。

まだまだ3DSで遊びたいソフトがたくさんあるし、スト2が出るまではそんなにやりたいソフトもないので。

ゼルダの伝説は旧作にも遊びたい名作がたくさんある。

スト2はスト2でネット対戦がどのくらい快適に出来るのかが気になる所なので、しばらくNintendo Switchの情報からは目が離せそうにない。

Nintendo Switch