NEWSのOP曲やキャストに慣れてだんだん楽しくなって来た ドラマ嫌われる勇気 第5話 感想

スポンサードリンク

前回の記事:テレビドラマ 嫌われる勇気 第4話 感想

FOD – FujiTV

このドラマの視聴には上の『FOD』が便利!

放送後7日間は無料でいつでも視聴出来るので是非利用しよう。

スポンサードリンク

NEWSのオープニングテーマがクセになる。

香里奈とのダブル主演を務めるNEWSの加藤シゲアキがいい味を出している本作。

オープニングで毎回流れるNEWSの『EMMA』という曲もそろそろ耳に馴染んで、ふとした時に口ずさんでいる自分に気付く。

【早期購入特典あり】EMMA(初回盤A)(クリアファイルA)

とてもいい曲だと思うが、ドラマで散々聴いたので私は買わないかな・・・。

連ドラらしい先が気になる展開に。

見慣れて来たためか、それぞれのキャラクターがだんだん浮き彫りになって来て楽しくなってきた。

スポンサードリンク

次号の予告を見る限り、そろそろ主要キャラの周辺で起きる事件の割合が増えてきそうなので、ここからさらにキャラクターは深掘りされるのだろう。

最初からなんか怪しい大文字教授の秘密に足を踏み入れるのもそう遠くないと思われる。

この辺はちょっと気になるので先が楽しみである。

今回のテーマは課題の分離

今作では毎回原作の『嫌われる勇気』に登場したキーワードの中からいくつかが登場し、事件の元になった人間関係のトラブルを解明していく形となっている。

今回の事件のキーワードは「課題の分離」。

これは私も原作を読んで特に感銘を受けた部分であり、現代日本人の多くが意識するべき問題でもあると思っている。勝手に。

アドラー心理学を理解する鍵は視点の移動に有り 嫌われる勇気 書評

どこまでが自分の課題なのか、という線引きをし、蘭子の様に「それはあなたの課題です。」と言い切ってしまうのは冷たい事の様にも思えるが、人の課題に首を突っ込むが故に思う様に動いてくれないもどかしさを感じて、不要なトラブルを生んでしまうのである。

今回のドラマでは友人関係での課題の分離だったが、原作では親子関係についても語られており、親子関係で課題の分離というとそれこそ「そんなはずはない!」と作中の青年のような反応をしてしまう人も多いのではないだろうか。

重要ながら受け入れられにくいのがこの「課題の分離」なのかもしれない。

スポンサードリンク