ポケモンGO PlusとApple Watch版ポケモンGOを比較 それぞれの便利な使い方

Apple Watchを持つポケモンGOユーザーへの嬉しいクリスマスプレゼント。

ポケモンGOのApple Watchへの対応が12月23日より開始した。

https://html-7.com/2508.html

これがあればポッポマラソンが劇的にやりやすくなるのでまだレベルが低い私にとっては最高に嬉しい。

今回はもうひとつのポケモンGO用便利ガジェットであるポケモンGOプラスとの比較とそれぞれがどんなプレイスタイルに適しているのかを考える。

まだまだ存在感抜群のポケモンGOプラス

元祖ポケモンGO用の便利アイテム、ポケモンGOプラス。

ポケモンGOがApple Watchに対応すれば、GOプラスの機能はそちらにも搭載されるものだと思っていたが実際は違った。

https://html-7.com/2497.html

ボタンを押すだけででモンスターをゲット出来るという、ポケモンGOプラス最大の機能がApple Watchでは利用できなかったのだ。

ちなみに、ポケストップでのアイテム獲得の場合もボタンではなくスマホ版と同様に画面をスワイプしてポケストップを回す必要がある。

その機能との整合性を考えた場合、モンスターをボタンでゲット出来るのは確かに違和感がある。

つまり、投げるモンスターボールを選べず、どんなモンスターかも分からないかわりにボタンを押すだけ、という特殊な道具として、ポケモンGOプラスの存在価値はApple Watch対応後も失われる事はなかったのである。

2つ持ってたらどうやって使い分けするのか?

どちらか1つしか持ってなければ問答無用でそちらを使えば良いわけだが、2つ持っている、どちらか1つを持っているがもう一方の購入も検討している、といった場合にはその使い分けをどうするのかを考える必要がある。

この場合、Apple Watchから考えた方が良い。

まずはApple Watch

Apple Watch版はあくまでスマホ版のサポート的に使う役割を担っているからだ。

スマホを出せなくてもある程度のことは出来る、というスタンス。

通知があったらApple Watchの画面を確認し、ポケストップならそのままアイテムゲット。欲しいポケモンなら立ち止まってスマホを取り出しゲット。

タマゴがかえればスマホで新しいタマゴをふかそうちにセット。といった具合である。

活動量計としての機能を備えているので、歩いてどこかへ移動する時などに使えば移動しながら効率的にタマゴの孵化とポケストップアイテム回収、ポケモンゲット、相棒からのアイテムプレゼントゲットをこなすことが出来るのだ。

それでは、ポケモンGOプラスの出番はいつになるのだろう。

ポケモンGOプラスの出番は

先ほども言ったように、Apple Watchでは出現したのがどんなポケモンか分かるため、パスするか、スマホでゲットするか、という二つの行為に振り分けることになる。

だから、GOプラスがその力を発揮するのはスマホを使うことが出来ない場面である。

例えば、本格的なワークアウトを行う時。

ランニングなどでラップタイムを計って本格的に運動したい場合に欲しいポケモンが出たからといっていちいち立ち止まっている場合ではない。

そこで、とりあえずボタンを押しとけばいいGOプラスがあると便利である。

通勤などで急いでいるときもそうだろう。彼氏や彼女とのデート中にスマホでポケモンゲットもやめた方がいい。

つまり、リアルとポケモンGOのバランスで、リアルの比重が大きい場面がGOプラスの出番となる。

Apple Watchはより快適にポケモンGOを遊ぶためのデバイスで、効率は大幅にアップするが、通知はバンバン来るしポケモンゲットにはiPhoneが必要なので片手間にプレイ出来る感じではない。

ポケモンGOプラス

以上のように、似たような形のため、同じような機能を想像してしまうこの2つのガジェットは実は全く異なる性質を持っていることが分かった。

それぞれのユーザーのプレイスタイルやTPOに合わせた上手い使い分けを行なって効率良くポケモンをゲットするためのお供に役立ててみて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA