Apple Watch Series 2に保護フィルムやケースは必要?いらない?

毎日身につけて愛用しているApple Watch Series 2を、私はフィルムやケースを付けずに使用しています。

フィルムに関しては以前iPad用のガラスフィルムを貼ってみたもののふと疑問が湧いて思い切って剥がしたという経験があります。

iPhone iPad用のフィルムを買う前にまず読んで下さい。

iPadの場合はスタンドにもなるケースを使っているから、という理由もあります。

今回の記事ではApple Watchにはフィルムやケースを付けた方が良いのではないか?という事について考察していきます。

スティーブ・ジョブズは裸での使用を推奨?

スティーブ・ジョブズがiPodにケースを付けて使用することについて苦言を呈したという逸話があります。

こういったジョブズの名言にご興味がある方は以下の本をご覧ください。

書評 堀江貴文監修 ジョブズ100の言葉から1つ紹介

だからiPhoneも裸で使おう!という風潮が一部でありますが、これは私はおすすめしません。

その当時のiPodは音楽プレーヤーですが、iPhoneはスマホで用途が全く異なるからです。

使用中もほとんどの時間ポケットの中に入っているiPodと、何度も出して手に取るiPhoneが同じであっていいわけがありません。

その製品の使い方によって変えるべき

それでは、Apple Watchはどうでしょうか。

フィルムをつけると、なにより見た目の美しさが損なわれます。

Apple Watchの液晶はパッと見だとどこまでが液晶かわからないように、なだらかなカーブを描くケースとシームレスにつながっています。

指で触っても継ぎ目がわからないほど滑らかな仕上がりです。

そこにフィルムを貼ると、フィルムが上に乗ってる感じになり、見た目も指ざわりも悪くなります。

また、アルミニウムケースのIon-Xガラスもステンレススチールケースのサファイアクリスタルも、どちらも傷がつきにくい素材です。

とかなんとか言ってわたしのApple Watchには傷がある。
とかなんとか言ってわたしのApple Watchには傷がある。

度々ポケットやカバンから取り出して手に取るiPhoneは落とす危険性と常に隣り合わせですが、常に腕に付けているApple Watchを落とすことはまずありません。

取り付けや取り外しの際に気を付ければいいだけです。

結論、Apple Watchにフィルムはいらない。使うならケース

こうして、あくまで私個人の感想ですが、Apple Watchには保護フィルムを貼る必要がないという結論になりました。

傷がつかない訳ではないので、売る時に少しでも高く売りたいという場合は別ですが、Apple Watchを守ることが目的であれば保護フィルムを貼ること自体が美観を損なうことになるので、本末転倒です。

多少の傷はスティーブ・ジョブズではありませんが使いこなした証として、毎日身につける製品ならむしろ愛着に繋がります。

どうせ買うなら、Apple Watchの見た目を自分好みにカスタマイズ出来ると同時に保護もしてくれるケースの方がおすすめ。

まずはApple Watchを少しゴツイ見た目にしてくれるケースとフィルムのセット。

全面を覆うタイプだと、運動時などに内部が曇ってしまうので、こういうタイプの方が良いと思います。

【Spigen】 Apple Watch Series 2 / Apple Watch Series 1 ケース (42mm) ラギッド・アーマー [ 落下 衝撃 吸収 ]アップルウォッチ シリーズ 2 / シリーズ 1 対応 カバー 液晶保護フィルム 2枚入 (ブラック【SGP11496】)

こちらは5色から選べるクリアケース。

元々のデザインを崩すことなく、好きな色にカスタマイズ出来るのが魅力。

HOCO Apple Watch Series 2 ケース メッキTPUケース 耐衝撃性 超簿 脱着簡単 アップル ウォッチ シリーズ2 全4色 シルバー 42mm

こういう製品が数多く揃っているのもApple Watchが他のスマートウォッチより優位な点ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA