iPhone iPad用のフィルムを買う前にまず読んで下さい。

過去の記事でもお伝えした通り、iPad mini4を愛用している私です。

https://html-7.com/1364.html

小さいのに高性能で本当に快適に使えていて文句ないのですが、ふとある疑問が浮かびました。

こいつ、役に立ってんの?

それは、iPad mini4と同時に購入しディスプレイに貼り付けているガラスフィルムについてです。

https://html-7.com/1337.html

毎日のように持ち歩いて、スタイラスペンも使いますが、このガラスフィルムのおかげで全くの無傷。

というか、このガラスフィルム自体も無傷です。

そこでふとある疑問が頭をよぎりました。

「待てよ、ガラスフィルムが無傷じゃ意味ないんじゃない?」

「iPadのディスプレイの代わりに傷つくのがこいつの役割であって、こいつが無傷ってことは存在価値なくない?」

「iPad mini4のディスプレイとこいつの硬度が同じくらいなら、自分の使い方ならフィルムはいらないという事では?」

mini4と同等のガラスを使用していると思われるAir2で同じ様な疑問を持った方が実験してくれていました。

参考サイトiPad Air2がカッターで傷つくか検証してみた結果・・・

こう言う結果も観ると、このガラスフィルムを何のために貼っているのかわからなくなってきました。

というのも、このフィルムを貼っている事でせっかくの低反射ディスプレイの良さが失われているという点に引っかかりを感じていたから余計にです。

iPadも過保護は良くないという事か。

私はiPad mini4には先ほどの記事で紹介したケースをつけ、持ち歩くときはさらに100円ショップで買ったソフトケースに入れています。

これじゃあ、傷付く訳ない気がしてきました。

私は、iPad mini4に対して過保護でした。

守り過ぎたあまり、彼本来の良さを殺してしまっていたのです。

と、いう事でもう思い切ってせっかく買ったガラスフィルムですが剥がす事にしました。

驚くほど映り込みが軽減されました。
驚くほど映り込みが軽減されました。

一見すると損したようですが、これを教訓に今後買うiPadではフィルムを買う必要がなくなったと思えば、潜在的には得をしている、と自分に言い聞かせながら剥がして使います。

まあ、もし傷つけばそれまでですが、低反射ディスプレイの恩恵を得られるのは大きいです。

ふとしたときに顔や照明の写り込みが気になる事が多かったので、これでより快適にiPadを使えそうです。

皆さんも当たり前のように買っているスマホやタブレット用のフィルム、もしかしたら必要ないのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA