iOS10で大きくなったシャッター音対策

Appleが「これまでで最も大きなiOSのリリース」と語るiOS10。

確かにアップデートにより、快適に使えるうようになった局面も増えたように思います。

ただ、今回最も大きな変更を加えられたiMessageの利用率が低い日本では実感としては今ひとつといった所かもしれません。

Siriからメッセージを送れるのはこのiMessageだけなので、もしかしたら今後メッセンジャーアプリの勢力図に変化を呼ぶきっかけになる可能性もありますが。

そして、その今ひとつ感をさらに高める要素があります。

最も「大きな」変更点、それはカメラアプリのシャッター音。

カメラアプリを使って写真やスクリーンショットを撮る時のシャッター音。

海外ではこの音を切る事が出来るのですが、日本だけはなぜかその設定が出来ない事がこれまでも度々話題になっていました。

それでも他社のカメラアプリを使えば音を消す事が出来るので、もしかしたらiOSのアップデートに伴って日本でも消音設定が出来るようになるのではないか、と思っていました。

所が、それどころか今回、シャッター音が大きくなってしまいました。

私の体感では1.5倍と言った所でしょうか。

iPhoneのスピーカー部を塞いで音を小さくする裏技が横行したためにその対策としてなのかわかりませんが、塞いでも十分聴こえるレベルになっています。

カメラアプリ『Microsoft Pix』を使ってみよう。

そこで今回ご紹介するのがあのWindowsのMicrosoftがリリースしているカメラアプリ、その名も『Microsoft Pix』です。

そう、このアプリを使うとシャッター音がしないのです。

しかし、あのMicrosoftが作ったカメラアプリがただの無音カメラなわけがありません。

このアプリ、一度シャッターを押すと1秒ほど撮影が終わるまでに時間が掛かるのですが、その間に撮った複数の写真をAIが解析し、綺麗に見えるように自動で加工してくれるのです。

目をつぶっている写真を取り直したり、写真を撮った後の明るさ調節等をする手間が省けるわけです。

ですので、もし仮にシャッター音が一切気にならない方でも一度使ってみる価値があるアプリと言えます。

無料で使えるのに超高機能!

Microsoft Pix – Microsoft Corporation

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA