低価格の整備済製品登場で死角なしのMacBookを徹底レビュー

MacBook Early 2015モデルを購入して一ヶ月ほどが経過しました。

https://html-7.com/1186.html

CPUやSSDがアップデートされ性能が向上したEarly 2016ではなく2015を選んだ理由には整備済製品を買うことで4万円以上の金額差があることもありますが、以前使っていたMacBookProが私にとってオーバースペックだったために今度は自分の用途にぴったりなMacを選びたかったので出来るだけスペックの低いものを使ってみたかった、というものがあります。

ハードからOS、アプリまで自社で開発する垂直統合を実現しているAppleですから、低スペックのものでも十分安定して動作するはずだし、それを実際に使用して確かめてみたかったという気持ちもありました。

一ヶ月使ってみた感想

ネットで評判を調べても低スペックとの理由で低評価されていることが多いMacBook Early 2015を、私が一ヶ月使ってみた結果、私の用途では全く問題ありませんでした。

私のMacBookの用途は、常時ChromeとSafariを同時起動してブログ投稿や情報収集、メモやテキストエディタでのテキスト入力、時々動画鑑賞くらいのものです。

凝った動画編集のような重たい作業はしないし、PDFや電子書籍の閲覧、動画鑑賞、画像編集はiPadに振り分けているのでディスプレイが12インチと比較的小さいことも気になりませんでした。

https://html-7.com/1248.html

そういうわけでとても気に入って毎日持ち歩いて使っているのでMacBookを買おうかどうしようか迷っている方には是非勧めたいのですが、超薄型で軽量のボディとファンレスを実現するために外部接続端子はUSB type Cポート1つとヘッドフォンジャックのみ、CPUはCore Mというとても尖った構成なので今ひとつ踏み切れない人が多いのは止むを得ないと思います。

そこで、これからMacBookがいかに素晴らしいかをひたすら語って読者の皆様の「MacBook欲しい!」という気持ちを高めていきます。

なんだかんだ言って気になる存在

否定的な意見も多いし、ネガティブな意見に引っ張られそうになってもそれでもなぜか気になる存在、それがMacBook。

なぜMacBookはこんなに人を惹きつけるのでしょうか。

それはやはり見た目に強烈な魅力があるからでしょう。

目を疑うほど薄く、軽く、美しいボディ、そのボディの大きさにちょうど収まるフルサイズのキーボード。

この美しさはMacBookの中身と密接に関わっています。

外部入出力端子を極限まで絞り、CPUをファンで冷却する必要のないものにする事で実現した薄さと軽さ。

12インチのディスプレイサイズもフルサイズキーボードの大きさに合わせたこれ以上削りようのないサイズ。

トラックパッドも空いたスペースにギリギリまで詰め込んだような、MacBookシリーズ最大のサイズ。

12インチはそれほど大きくないサイズですが、Retinaディスプレイのおかげで作業スペースの狭さを感じる事はありません。

使い心地が心配になるほど薄いキーボードも独自のバタフライ機構により、薄いのに打っていて気持ちいい操作感を実現しています。

史上最も薄く小さく軽いMacBookながら、そこから連想するような操作性、視認性の低下は皆無です。

それどころかさらに磨きをかけてより快適に使える最先端のMacを体験出来ます。

Apple製品の中でのMacBookの位置付け

完全なMac体験が出来るにも関わらず、ハードウェア的にはiOS端末に近づいたMacBookは、AirでもProでもなくなった事からわかるように、これからのMacBookシリーズの基本となるモデルと言えるでしょう。

キーワードは「ファンレス」「ワイヤレス」あたりでしょうか。

このモデルを元にプロユースにも耐えうるスペックを備える新MacBookProが発売されるという噂はすでに出ているので間違いないでしょう。

これ以上薄く軽いMacBookAirが出るとすればそれも楽しみです。

iPadシリーズとは競合すると言うよりはiPadの方が得意な事やiPadでも出来る事はそちらに任せ、MacBookと共存した方がお互いに真価を発揮出来るはずです。

ケーブルに縛られるユーザーをワイヤレスの世界へ誘う

そもそも、現在ではほとんどのことをワイヤレスで行えるようになっています。

このMacBookが出てから改めて意識するようになったのですが、以前使っていたMacBookProでも充電とイヤフォン以外ほとんど繋ぐことがありませんでした。

なんとなくこれまでの流れでバックアップをUSBで繋いだハードディスクに取ったり、データのやりとりをするのにUSBメモリを使ったりしていた人は多いと思います。

思い切ってMacBookに変え、全てをワイヤレスに置き換えれば何も困ることがない事に気づくでしょう。

一応これまで買った周辺機器をつなぐためにApple純正の『USB-C – USBアダプタ』だけは購入しましたが、たまにしか使用する事はありません。

iOS端末と同様に、何も繋がっていない状態がMacBookのあるべき姿なのです。

苦にならない重さから、嬉しくなる軽さへ

MacBook登場まで最も軽かった11インチMacBookAirも1.08kgと、十分持ち運ぶのが苦にならない重さだったわけですが、12インチMacBookは0.92kgとさらに160gの軽量化に加え、小さくて薄いのにディスプレイは大きくフルサイズのキーボードを搭載しているという事実が、MacBookを持ち運ぶのが嬉しくなる軽さへと進化させています。

今日も公園でブログ更新
今日も公園でブログ更新

どこにでも持ち運びたくなるのがこのMacBookなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA