12インチの新しいMacBook 整備済製品を買いました。

約二年間愛用してきたMacBookProをフリマアプリを使って売却してついに手に入れました、MacBookです。

2016年モデルが148,800円なのに対し、2015年モデルの整備済製品は107,200円。

これは買うしかない!と即決しました。

ハイエンドのProから乗り換えた理由

これまで使っていたMacBookProにも満足していたのですが、いくつか思う事があってこの度乗り換える決断をしました。

MacBookProは自分には高性能過ぎた。

MacBookをすでに使っている方のレビューを見ると、動画編集などを生業にしている人には適していない、とありました。
という事は、テキストを打ち込む事がメインでゲームもしない私にはMacBookで十分なのでは?と思いました。

持ち運んで使う事が増えたために少しでも軽くしたかった。

上記の点を踏まえて、MacBookProでも2kgと十分に軽いのですが、もっと性能が低くて軽い端末があるのだからそっちの方がいいよなと、気持ちは小型軽量の端末へとなびいていきました。

新しいMacBookのキーボードの打鍵感を気に入ってしまった。

そうしてMacBookAirかMacBookに乗り換えを検討しながら店頭で実機に触れる中でMacBookのキーボードの浅いストロークが気に入ってしまい、それ以降愛機のMacBookProのキーボードのストロークが深すぎて野暮ったく感じるようになってしまいました。

そして、遂にやって来たMacBookを開封

Apple Storeで注文し、待つこと2日。ついに待望のMacBookが届きました。

整備済製品ならではのシンプルなケース。
整備済製品ならではのシンプルなケース。

iPhoneSEのカラーに合わせて今回はゴールドをチョイス。
MacBookProと同じシルバーじゃ代わり映えしませんしね。

ゴールドがまぶしい!
ゴールドがまぶしい!

ケースから取り出して持ち上げてみました。
やっぱり、見とれてしまうほど薄い!

やっぱり薄い!!
すごく薄い!!

同梱物はいつも通りシンプルに電源ケーブルと紙切れのみ。

同梱物はいつも通り。
同梱物はいつも通り。

リンゴシールもいつも通りに入っています。
しかもゴールド。でも、今まで貼ったことない。

シールもゴールド
シールもゴールド

少し使ってみて感想

今まで使っていたMacBookProでは全くストレスを感じることがなかったのですが、快適でうれしい気持ちとは別に、

「自分ではこれを使いこなせていないのではないか?」という思いがありました。

ですので、今度は出来るだけスペックの低いものを試してみたかったのです。

そういう思いで数日間使ってみた感想ですが、このスペックでもやっぱりストレスを感じることがなかったです。

キーボードの打ち心地も最高に気持ちいいですし、ルックスも何度見ても惚れ惚れするほど美しいです。

特に筐体いっぱいいっぱいに配置されたキーボードとトラックパッドがツボにはまっています。

初めてMacBookを見た人が「薄い!」と驚くのも快感になります。

とりあえず今回はここまで。

次回はもう少し詳しくMacBookについて語ろうと思います。

https://html-7.com/1191.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA