ユマニチュード入門 施設での実践に役立つ解説記事まとめ

未分類

ユマニチュードを学ぶのに最適な入門書、その名も『ユマニチュード入門』。

ユマニチュード入門

その本の理解を深める助けになれば、と始めたブログ投稿も5回続きましたので一旦まとめてみます。

第1回目となるこの記事では、『ユマニチュード』という名前の語源と、その名前に込められた思想について書きました。

 

2回目の記事では、ユマニチュードで語られる「人間らしさ」とは何なのか?について深掘りしてみました。

 

3回目は、「患者に害を与えるケアとは、患者のレベルに適していないケアである」という考えのもと、ユマニチュードで定義されている3つのレベルと、それぞれに適したケアについて書きました。

 

4回目からはユマニチュードの基本である4つの柱について、ひとつひとつ見ていきます。

ここからは具体的な技術の話になってきますので、学べばすぐに実際の介護に活用する事が出来ます。

「ユマニチュード入門」を読んだ事がない方でもこれらの記事を読めばユマニチュードの技術について理解出来るのではないかと思います。

実践してみて何か気づきがありましたらコメントを頂けると嬉しいです。

コメント