【書評】ビットコインを買う前にまず読むべき基本書 ブロックチェーンの衝撃 レビュー

最近何かと話題のビットコインとかブロックチェーンという言葉。

聞いたことあるけど何かはよくわからない、という人は多いと思います。

何やら儲かりそうだという雰囲気に誘われている方も多いでしょう。

ただ、なんの知識もなしに迂闊に手を出すと痛い目に会う可能性が高いです。

なぜなら、そういった方を狙った詐欺手口などが最近増えているからです。

そんな時にご紹介したいのが『ブロックチェーンの衝撃』です。

私の場合はある程度の予備知識がある上で読みましたが、おそらく、全く知らなくても十分理解出来る内容になっています。

オススメ度:★★★★★

ビットコイン、ブロックチェーンとは何なのかをしっかり理解すれば、ビットコインの名を語った詐欺商品に騙されることもなくなるでしょう。

スポンサードリンク

16人のスペシャリストが書いた、ブロックチェーンの基本書。

まず、本書で仮想通貨初心者が学べる内容を以下に挙げてみます。

ビットコインとブロックチェーンの関係。

ブロックチェーンの誕生で今何が起きているのか。

ブロックチェーンの秘めた可能性と課題。

そして次世代のブロックチェーン技術。

つまり、ビットコインの現在、ブロックチェーンがもたらす未来像、そしてそこへ向けて動き出している新しいブロックチェーン技術まで、盛りだくさんの内容です。

しかも内容ごとにその分野のスペシャリスト16人が執筆しているのでその内容もお墨付き。

一つ一つはそれほど長くないので、楽しく読み進めることが出来るはずです。

くどいほど、いろんな角度から「ブロックチェーンとは?」を学べる。

それぞれの分野のスペシャリストが初心者へ向けて書いた入門書なので、それぞれの分野に関連した「ブロックチェーンとは何か」について書かれています。

おかげでこれ一冊読めばもう初心者とは言えなくなっているでしょう。

監修者の馬渕邦美氏が序文で以下のように語っています。

本書には、劇的に変化し続けるビットコインとブロックチェーンのテクノロジーや環境に関して、本書を起点に継続的にウオッチし、読者の皆様に学んで頂こうという編集委員会としての意図もある。

スポンサードリンク

引用元:ブロックチェーンの衝撃

この本を読んで脱初心者を果たし、各メディアで入手できる情報を処理する能力を上げ、後は自分で最新情報を入手するのみです。

ある程度基本的な事がわかったら、Zaifなどの信頼できる取引所でアカウントを作って、少額からでもビットコインなどを購入してみると自分ごととしてより頭に入りやすくなるでしょう。

私もこれからしばらくはブロックチェーン関連の本を重点的に読んで、仮想通貨の値上がりの恩恵を受けながらしっかり学ぼうと思っています。

ブロックチェーンの衝撃

スポンサードリンク