WindowsでiOSの画面をキャプチャした動画を録画する方法

先日MacBookを売ってしまったので、Mac OSに最初から入っている画面キャプチャアプリ『Quick Time Player』が使えなくなってしまったため、その代用品となるWindowsアプリを購入した。

それが今回ご紹介する『Reflector 2』である。

オススメ度:★★★★★

ばっちり綺麗に、音ズレもほとんどなく録画出来た。

しかもAirPlayに対応しているので無線で出来るのが嬉しい。

これでYouTubeへのゲーム動画アップが捗りそうだ。

スポンサードリンク

無料試用版はあまり最高にならないかも?

Reflector2は以下のサイトから購入出来る。

Reflector 2

上の「Download」で無料試用版をダウンロード出来る。

Mac版もある。

しかしこの試用版、機能がかなり制限されており、しかも録画すると音ズレがひどい。

このため私は他の録画アプリと組み合わせて使うつもりで購入したのだが、実際に購入して録画してみると音ズレがほとんどないのである。

スポンサードリンク

上が初めてReflector 2で録画した動画。

ジャンプやコイン取得時の効果音のズレは感じないはず。

これは嬉しい誤算とも言えるが、これでは試用版の意味をなしていない。

という事であえて試用版はダウンロードせず、いきなり購入する事が時間の節約になるのでおすすめ。

Air Play対応で快適!

Macなら純正のアプリで出来た事にお金を払うのは少し悲しかったが、Air Play対応のおかげで無線でキャプチャ出来るのは嬉しい。

Lightningケーブルがゲームプレイ時には邪魔になるからだ。

これでYouTubeチャンネルのマリオランプレイレベルも上がるかも?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA