本当にiPadはパソコンの代わりになるのか?

iPadファミリーの中で最も小さく軽いにも関わらずAir2と同等の性能を誇る優れものが私の相棒iPad mini4である。

関連記事:iPad mini4のためにMagic Keyboard を購入したら最高の結果に。

上の記事にも書いたように、Apple純正のBluetoothキーボード、MagicKeyboardと一緒に使っているので、ブログの更新もこれで難なく出来る。

せっかくこんな素晴らしいiPadも、MacBookと併用しているがために出番と言えば動画を観るときや電子書籍を読む時くらい。

それではもったいないと感じたので、今後はしばらくMacなしのこれ1台の生活に挑戦してみる事にした。

スポンサードリンク

愛するMacBookとの涙の別れ

私の愛用のパソコンは12インチのMacBook。

関連記事:低価格の整備済製品登場で死角なしのMacBookを徹底レビュー

これを買ったのはMacBookProからの買い替えだった。

Proのスペックが私にはオーバースペックだと感じ、家以外で作業する事が多いのでもっと小型軽量のものが欲しかったからだ。

そして、今回はさらに荷物を少なくするため、全ての作業をiPadに集約する事にした。

大好きで大事に大事に使ってきたMacBookとの別れは辛い。

しかし、iPadやiPhoneの動画をキャプチャする事は出来なくなってしまうが、他の大部分ははとりあえずiPadでも出来る事ばかりである。

ディスプレイが小さいのだけが気掛かりなのでもしかしたらiPad Proなどに買い換える可能性もあるが、小さいのは持ち運びに関してはむしろメリットである。

しばらくはiPad mini4で全てをこなす事に挑戦してみようと思う。

パソコンなしでiPadだけで出来ることは今後もどんどん増えていく。

iPad Proが登場する前までは、iPadはMacの代わりにはならなかった。

スポンサードリンク

スペックの問題もあると思うが、iPadのアプリで出来る事には制限が多く、快適な作業は出来なかった。

しかし今は違う。AppleのWebページのトップにも、iPad Proを「1枚のスーパーコンピュータ」と紹介している事からも分かるが、iPadを新しい時代のパソコンに位置付けているのである。

現状でもアプリを駆使すれば、画像や動画の編集、Web開発、アプリ開発まで、ほとんどの事が快適に出来てしまう。

MagicKeyboardやiPad Pro専用のSmartKeyboardを使えば、文字入力のスピードまでパソコンと変わりなくなってしまった。

ストレージも、MacBookと同等の128GBや256GBのモデルも登場し始めた。

これは明らかにAppleが次の時代にシフトし始めている証である。

やってみないと分からない、だからやってみる。

以上のように、状況や理屈から言えばこれからはiPadがあればかなりの事が出来るのが分かる。

そして、これからもどんどん増えていくのである。

しかし、iPadだけでの作業、日々の生活がどういった感じになるのか、実際にやってみないと分からないと思ったので、とにかくやってみることにする。

どうしてもパソコンが必要な事があれば、またその時に考えよう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA