書評 染谷昌利著 ブログ飯 個性を収入に変える生き方 レビュー この本で鬼嫁の扱いも学べるかも

染谷昌利著『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』のKindle版を購入し読んだので感想を書く。

オススメ度:★★★★★

ブログで飯を食いたい人、本当に食えるの?という人、なんだかよくわからないけどとりあえず今食えている人などなど、ブログに関わる多くの人たちに読んでもらいたい一冊。

3年以上前に出版された本ではあるが、最新のノウハウを扱った本ではないため、今読んでも色あせてはいない。

私もブログを書き始めてすでに数年経っており、色々と学んで来たのでこの本に書かれた大部分は再確認だったが一部にはハッと気づかされる内容も含まれていた。

特に、筆者の妻が書いた特別コラムは必見。うちも違った方向性だがかなりの鬼嫁なので色々と参考になった。

スポンサードリンク

自分の頭を使って、とにかくブログで稼ぐことを諦めるな!

この本で筆者が言いたいであろうことを要約すると、とにかくブログを続けろ!という事である。

続けるためには、好きな事でないと続かない。

成果を出すために試行錯誤しながら毎日更新し続ける繰り返しがブロガーとしての足腰を鍛えることに繋がる。

ブログの収益というのは、複数の要素が重なり合って、ある時から指数関数的に伸びるのであって、その要素の中には自分の成長が不可欠である。

やはり、そのためにも自分の好きなことを続けることが重要。

好きなことなら喜んで新しい情報を集めるし、努力も全く苦にならないからだ。

スポンサードリンク

つまり、ブログを続ける、ということの中には、『好きな事』『自分の頭で考え、試行錯誤する』『日々の繰り返しによる地力の向上』という要素が含まれており、それによってある時、結果に爆発的な影響を及ぼすのである。

鬼嫁コラムは必見!読んだら結婚したくなるかも?

巻末のあとがきの前に掲載された、筆者の妻による特別コラムが秀逸で、最も度肝を抜かれた。

筆者はどちらかといえば文章が固く、真面目そうなところが好印象なのだが、この奥さんはかなりぶっ飛んでいる。

このブログ飯も自分が焚き付けて生まれた、なんて言い切ってしまうところも面白い。

まさにあげまんであり、こんな奥さんだったら欲しいな、なんて独身者も多いのではないだろうか?

しかし、既婚者である私はその件に関して、そんなに甘いもんじゃない、とだけ言わせて頂く。

ただ、私もこれを読んで鬼嫁の力をもっとプラスに活用する方法を模索してみよう、という気になった。

鬼嫁を活かすも殺すも旦那次第、下手に抑え込んだり逃げようとせず、染谷氏のように自由にさせておく方が良い時もあるのだ、と。

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA